So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

ウチのエレアコ [Gear / Modify]

今回は前に言っていたエレアコの紹介です。

2018020801.jpg
YAMAHAのサイレントギター SLG110S BM
特に何もいじってはいませんが、
サドルをGraphtech製(PT-9110-00)に変えています。
別に生音に拘りもないし、取り扱いやすいので
最近はGIGも録音も この人で済ませています。

フレームの所に付いているのはクリップチューナーです。
2018020802.jpg
ヘッドには未使用時のカポを挟むため、
チューナーのスペースが無く、ここに挟めるのは便利です。

もちろん明日のGIGでも使いますよん(宣伝!!)
ちなみに足下はこんな感じ
2018020803.jpg
FISHMANさまさまです。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ZOOM G1on 改造記 [Gear / Modify]

しすさら冬のアコースティックまつり用に
ZOOMのMS-100BTとは別に、同社のMS-50Gの購入を考えていたのですが、
ちと、Loop演奏も試してみたくなったのでG1onを中古で購入。
2018020201.jpg
エフェクト数的にはMS-50Gに分がありますが、
エレアコ用なのでG1on収録のエフェクトで充分です。

しかし、このG1on。
足先でループモードには切り替えられない仕様なのである。
裸足なら出来なくもないが、靴を履いては到底無理。
だからって、ボタンを押すために演奏中いちいち屈んではいられない。

って事は…作るしかないんじゃない?
そんなわけで、G1onを買ったその足で日本橋で材料調達。
いざ、開腹の儀
2018020202.jpg
似たような物はZOOMのG5の時に作ったし、
G5よりシンプルな構造なので簡単に出来上がりました。
2018020203.jpg
詳しい配線図が欲しい方は、リクエストしてください。
2018020204.jpg
G5の時は4極ステレオプラグを使いましたが
今回は普通のステレオプラグです。
2018020207.jpg
スイッチボックスはタカチのケースでチョイチョイと
2018020205.jpg

2018020206.jpg
出来上がり〜♪

こんな感じに使用します。


スイッチボックスが出来上がった後に気がついたが、
ステレオミニプラグ→標準ステレオプラグのケーブル作れば
BOSSのFS-6やFS-7でも出来るがな......




nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

NAMM SHOW 2018 [あおろぐ]

毎年、アメリカで開催される "NAMM SHOW"
いわゆる楽器の見本市です。
これに合わせて商品を用意するメーカーも多いので、
この時期は色々新製品が発表されて楽しいです。

今年も様々な新商品が発表されていますが、
個人的な趣味趣向もあり、マルチエフェクターに目が行ってしまいます。
今回は、以下の3つが目玉ですかね。
BOSS GT-1000

Axe-FXやHelixを意識したのか、
BOSSさんも高級マルチ(10万円だそうな)で攻めてきましたね。
GTを名乗っていますが、色々一新されているようです。
ま、買いませんね(きっぱり)w

LINE6 HX Effects

Helixからアンプシミュレーター部分を取り除いた製品のようです。
これは、ちょっとだけ興味あります。
センドリターンが3系統(製品は2系)だったら、値段次第では即買いしたかも。

IK Multimedia iRig Stomp I/O

マルチエフェクターと呼んでよいかどうか迷いますが、
これ、今回めっちゃ気になっています。
iPadかiPhoneがあれば、これ1台で完結できる所も魅力。
(もちろんMac PCにも繋げる事ができます)
しかも、私も普段DTMで愛用している AmpliTube 4 の他
10万円相当のアプリが付いてくる所も魅力。
う〜ん、まじで欲しい商品だわ。


てなわけで、第一印象を軽く書いてみました。
皆様は他に気になる新製品ありましたか?

あ〜、一回で良いから行ってみたいNAMM SHOW




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

しすさら冬のアコースティックまつり #1 [あおろぐ]

明けました、おめでとうございました。

わたくし、普段SISTER SARAHという所でギター弾いてまして、
いわゆる、ハードプログレ的な感じで
エレキをバリボリ弾いておるんですが、
今年から、冬の間(1~3月くらい)は、アコースティックな形式でやろうと思いたち、
早速、その第1回を今月の7日に開催いたしました。

その模様は、以下の動画をどうぞ。


まあ、褒められた演奏ではありませんね。
つか、難しいです。アコギ。
ちなみに使用しているのはYAMAHAのサイレントギター
コレについては、また後日ここで書かせて貰います。

そんなわけで(どんなわけだ!!)
本年も、よろしくお願いいたします。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

2017年の Favorite アルバム10枚 [今年のアルバムTOP10]

はい。年末恒例のエントリー
"今年の10枚"です。過去のBEST10はマイカテゴリーからどうぞ。

※順不同
※2016年以前発売のアルバムも、今年初聴きした物は含めます。

Harem Scarem「UNITED」

ハードロック系のアルバムの中では個人的に2017年No.1でした。
曲、ギター、全てが良い(「Sinking Ship」のリフ最高!)
特に最後の「Indestructible」は、カントリーっぽく始まり、
ハレスキャらしい曲調に変貌していく傑作。

Eric Johnson「Collage」

久々の新作は、昔に戻ったようなポップでロックなアルバムです。
オリジナル曲も素晴らしいけど、
STEVIE WONDERやTHE BEATLESのカバーも素晴らしい。
ギター界の矢野顕子ですね(他人の曲を自分の物にしちゃう才能って意味で)

Deep Purple「Infinite」

私は信者じゃないので"ブラックモアのいないパープルなんて認めない"
とか恥ずかしい事は言いません(笑)
むしろ、このアルバムのSteve Morseのギターと
Don Aireyの鍵盤は とても素晴らしく
めちゃくちゃ格好良いHRアルバムです。

Night Ranger「Don't Let Up」

ギタリストが変わって初のアルバムです。
もうね、ジャック、ブラッド、ケリーの3人が居れば
何をやってもNight Rangerです。
それにしても、ジャック・ブレイズの作曲能力には脱帽するしかない。

The Corrs「JUPITER CALLING」

2年ぶりの新作。
「題名の無い音楽会」によると、昨今ケルト音楽が流行っているそうですが、
ほんまかいな?って思うほど、ひっそりとした発売でしたねw
恒例だった、トラディショナルのインスト曲が無いのは寂しいですが
良質のケルトポップは健在です。

Barock Project「Detachment」

来日公演の少し前に発売されたアルバムで、
彼らの作品の中では、一番良いと思っていたのですが
このアルバムからの演奏が少なくて残念でしたね。

ALICE ~SONGS OF THE ANONYMOUS NOISE~

「覆面系ノイズ」というアニメ(観ていないし観る気も無い)の中に
出てくるバンド”in NO hurry to shout;”と”SILENT BLACK KITTY”の
曲を集めたアルバムです。
in NO hurry to shout;の曲は「特撮」のNARASAKI作曲で
どの曲も”特撮でやれば良いのに”と思わせる良曲ばかり。
ワガママを言えば、シングル盤に収録されている
「サテライト」「ボーダーライン」「ステイ」も収録して欲しかったな。

The Beatles「SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND 」

過去の作品ですが、セッション・レコーディングなど
新作並に楽しめる内容です。

Aimer「noir」

本来ベスト盤は入れないんですが、特別に。
Aimerさんは自分で曲を作らないので、
ようは、提供者次第で聴視者(つか、おいら)の中で優劣の差が激しくなります。
少し人気が出てきて、Aimerさんの声の魅力にハマり、
自分の作曲能力を棚に上げて「歌って欲しい」と考える厚顔無恥の馬鹿どもが増えて
つまらない曲も増えてきましたが、この「noir」は
馬鹿どもが寄りつく前の良作が揃っています。
そういう意味で同時発売の「blanc」は、まったく聴く気にはなりませんが、
セールス的には「blanc」の方が上でしょうね、この国では。┐(´д`)┌

Francis Dunnery「Return to the Wild Country」

IT BITESを脱退後、1991年に発表された、自身初のソロアルバム
「Welcome to the wild Country」をリメイク
当時、あまり好きじゃなかったアルバムなのですが、久々に聴いた本作は
なぜか格好良かった。(キーも下がってるのになぁ.....謎だ)


去年はプログレのベテラン勢が頑張ってましたが
今年はハードロックのベテラン勢が素晴らしい作品を発表してくれた印象。
ウチらも頑張ろう。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | -