So-net無料ブログ作成
検索選択

我流エフェクターボード作り [Gear / Modify]

まずは、最新足下事情。
2017070601.jpg
TUBE SCREAMER MINIがレギュラー入り。
しばらくは、これが基本になるでしょう。
(セトリ次第でMS-3のループ3に何かが入る感じ)

では、タイトルの我流エフェクターボード作りの話を。
個人的な話ですけど、エフェクターの裏に両面テープで
マジックテープをベタッと貼るのが嫌いなんですね。
中古でも、マジックテープを貼ってあると躊躇します。
(剥がすの大変だし)
他の方法だと、豆カンなどの金具を使って固定する方法もありますが
それだとエフェクターケースに木の板を張らないといけない。(その分重量も嵩む)
そんな時、ブログか何かで見かけた方法が良いなと思って真似してみました。

用意する物
2017062001.jpg
大型のダイソーで売っているカラーボード
(ようは、堅めの発泡スチロールの板)
色んな、大きさ、厚さ、色などがあるので、
ケースの大きさや用途に合わせて数枚用意します。

今回は制作見本用に切れ端を用意しました。
2017062002.jpg
上に設置したいエフェクターを置きます。
2017062003.jpg
その周りを、爪楊枝やシャーペンなどでなぞります。
2017062004.jpg2017062005.jpg
なぞった跡の内側を切って行きます。
エフェクターより大きな穴にしてしまうと、ブカブカになって上手く固定されません。
2017062006.jpg2017062007.jpg
少々キツめでも、スチロール板なので押し込めば大丈夫です。
(むしろ、少しきつめの方が良い)
2017062008.jpg
上手く出来ると、少々斜めにしても外れません。
2017062009.jpg
そんな感じでレイアウトどおりに穴を開けて
2017062011.jpg
エフェクターボードに入れていきます
この時大事なのがテンション感。
2017062010.jpg
上の写真のように、ケースの内壁に矢印の方向に力がかかるように
タイトに敷き詰めていきます。
よく見ると解るように、EV-5がある右側辺りは
違うカラーボードを使用していますが、
テンションがかかっているので固定されています。

失敗しても1枚100円なので、気軽にやり直せるし
何度か作っていく内にコツがつかめてきます。

そんなわけで、今回のエフェクターケースを使用して、
明日、7月7日にシスサラのGIGをやります。
詳しくは、こちらで。
お待ちしてまーす。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0