So-net無料ブログ作成

嫁披露 [Gear / Modify]

30日のザ・セラーのイベントにて
新嫁のStarstream初披露となりました。

動画です。

1曲目の「木霊」では、アコースティックギターの音。
2曲目の「Guppy's Garden」では、ハムバッカーとシンセの音
3曲目の「バイバイでさようなら」は、シングルコイルの音
を、それぞれ使用しています。

エフェクターは、
アコギの音にはAURA Spectrum DI
エレキの音はBOSSのGT-1のみです。

うん、全然使えるギターです。

ちなみに「Guppy」で大ポカやらかしています。
普段7弦で弾く曲を6弦でやったために
1つ下の弦を弾いてしまいましたとさ。
(うん、多弦弾きあるあるですね←そんなものはないw)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

あおつぶ 2016/12/30 [Tweet]


あおつぶ 2016/12/28 [Tweet]


あおつぶ 2016/12/27 [Tweet]


2016年の Favorite アルバム10枚 [今年のアルバムTOP10]

はい。年末恒例のエントリー
"今年の10枚"です。
※順不同

「AMARANTHUS」ももいろクローバーZ

ももクロの3rdアルバム。
人間の生まれてから死ぬまでをコンセプトに作られています。
エディの素晴らしいピアノが聞ける「WE ARE BORN」
さだまさし作の「仏桑花」やくしまるえつこ作の「HAPPY Re:BIRTHDAY」
特に「バイバイでさようなら」は大好きな曲です。
メイキング映像も面白いです。

「白金の夜明け」ももいろクローバーZ

上記の「AMARANTHUS」と同時発売された4thアルバム
AMARANTHUSが現世の人間の一生を描いているとすれば、
こちらは、天に召された後、もしくはファンタジックな世界をコンセプトにしています。
この中の「マホロバケーション」は、今年もっとも聞いた1曲かもしれない。
詩の世界観、曲、アレンジ、PVすべてがツボでした。

AMARANTHUSは全体の雰囲気が良くて、白金は各曲が良いといった印象です。

「Invention of Knowledge」Anderson & Stolt

YESのジョン・アンダーソンとTransatlanticのロイネ・ ストルトによるプロジェクト
YESらしさの大半はアンダーソンなんだなと改めて思う反面
ハウやスクワイヤ臭さの無いサウンドがYESとの違いを感じさせます。

「the astonishing」Dream Theater

2枚組の大作は、オペラとかミュージカルを感じさせる構成で
今までのような10分を超えるような曲は無く、
6分以下の曲の集合体で"1曲"になっている印象です。
ボーカルのラブリエさんが良い仕事をしています。
が、1曲1曲の良い悪いの差がありすぎて全部を聞くのはしんどいのが正直なところ。
ふとした時に単体の曲を聴いて「良い曲やん」と思う事が多いです(笑)

「EJ」Eric Johnson

久々のアルバムは、アコースティックギターとピアノ中心の
弾き語りに近いサウンドになっています。
だからといって、その辺のコードをかき鳴らすしか能の無い
弾き語り連中には到底真似できないアレンジの塊です。
何度も言ってますが、これ位やってもらわないと
"弾き語り"なんて聞いてられません。

「Vampires」Francis Dunnery

IT BITESの曲のセルフカバーアルバム。
フランシスが、こういうサウンドに帰ってきてくれたのは嬉しかったですね。
選曲も良いと思います(「SISTER SARAH」が無いのは淋しいですが)
問題は次の作品のサウンドですね。

「AFFINITY」HAKEN

そこそこ長く活動しているバンドのようですが、
今作が初めての出会いとなりました。
いわゆる、ドリシアフォロワーなのかもしれませんが
どちらかというとキングクリムゾンとかの流れも感じるアレンジで、好感が持てます。
3曲目の「1985」のイントロはしびれます。

「SIMILITUDE OF A DREAM」Neal Morse Band

こちらもDream Theaterの新作同様、
2枚組で短い曲が繋がっている感じの作りですが
各曲よく出来ています。特に「The Ways Of a Fool」は一聞き惚れしました。
それにしても、このクオリティの作品を、
ほぼ毎年出しているニール・モーズは凄いなぁ

「Trustworks」The Syn

過去に、YESのメンバーが在籍していたりしたバンドですが
現在はSteve Nardelliのソロユニットといった感じでしょうか?
そのSteve Nardelliが今作でアレンジと演奏に白羽の矢を立てたのが
"Moon Safari"です。つか、もうこのアルバムはMoon Safariのアルバムです(笑)
ファンなら間違いなく買って損しません。

「ウィンカー」特撮

すっかり筋肉少女帯より特撮派になってしまいました(笑)
この作品は、今年の初め頃にヘビロテしていましたね。
元オフコースの松尾一彦をギターでは無く"ハーモニカ"演奏として
迎えるところもツボでした。
東京でばかりライブしないで大阪にも来てくれぇ〜!!!!!



はい。そんな感じで今年の10枚でした。

良曲がたっぷり入った、ももクロの
「MCZ WINTER SONG COLLECTION」
も入れたかったけど、ベスト盤なので割愛。
あと、AimerやCircus Maximusなんかも良かったです。

なんしか、今年はプログレ勢の良作が多くて、
個人的に嬉しい年でございました。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

あおつぶ 2016/12/25 [Tweet]


あおつぶ 2016/12/24 [Tweet]


足下事情 [Gear / Modify]

コロコロ変わる足下事情。

最新の足下はこんな感じです。
2016122301.jpg
結局買ってしまった BOSS GT-1(笑)
CTLペダルに色々アサインできるのは、
本当に便利です!!
少しは見習ってよZOOMさん!!!

そんな感じで、しばらくはGT-1がメインになると思われます。
ちなみに「Karmic Connection」を演奏する時以外は
AC-3とDD-6が外れます。

てなわけで、明日12月24日に
この足下でシスサラのGIGです。
てことは、「Karmic Connection」をやりますよ。
詳細はコチラを見てください。
http://www.sistersarah.net/blog/2016/12/02/20161202_0411.html

是非、お越しあそばせ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

あおつぶ 2016/12/19 [Tweet]