So-net無料ブログ作成
今年のアルバムTOP10 ブログトップ
前の5件 | -

2017年の Favorite アルバム10枚 [今年のアルバムTOP10]

はい。年末恒例のエントリー
"今年の10枚"です。過去のBEST10はマイカテゴリーからどうぞ。

※順不同
※2016年以前発売のアルバムも、今年初聴きした物は含めます。

Harem Scarem「UNITED」

ハードロック系のアルバムの中では個人的に2017年No.1でした。
曲、ギター、全てが良い(「Sinking Ship」のリフ最高!)
特に最後の「Indestructible」は、カントリーっぽく始まり、
ハレスキャらしい曲調に変貌していく傑作。

Eric Johnson「Collage」

久々の新作は、昔に戻ったようなポップでロックなアルバムです。
オリジナル曲も素晴らしいけど、
STEVIE WONDERやTHE BEATLESのカバーも素晴らしい。
ギター界の矢野顕子ですね(他人の曲を自分の物にしちゃう才能って意味で)

Deep Purple「Infinite」

私は信者じゃないので"ブラックモアのいないパープルなんて認めない"
とか恥ずかしい事は言いません(笑)
むしろ、このアルバムのSteve Morseのギターと
Don Aireyの鍵盤は とても素晴らしく
めちゃくちゃ格好良いHRアルバムです。

Night Ranger「Don't Let Up」

ギタリストが変わって初のアルバムです。
もうね、ジャック、ブラッド、ケリーの3人が居れば
何をやってもNight Rangerです。
それにしても、ジャック・ブレイズの作曲能力には脱帽するしかない。

The Corrs「JUPITER CALLING」

2年ぶりの新作。
「題名の無い音楽会」によると、昨今ケルト音楽が流行っているそうですが、
ほんまかいな?って思うほど、ひっそりとした発売でしたねw
恒例だった、トラディショナルのインスト曲が無いのは寂しいですが
良質のケルトポップは健在です。

Barock Project「Detachment」

来日公演の少し前に発売されたアルバムで、
彼らの作品の中では、一番良いと思っていたのですが
このアルバムからの演奏が少なくて残念でしたね。

ALICE ~SONGS OF THE ANONYMOUS NOISE~

「覆面系ノイズ」というアニメ(観ていないし観る気も無い)の中に
出てくるバンド”in NO hurry to shout;”と”SILENT BLACK KITTY”の
曲を集めたアルバムです。
in NO hurry to shout;の曲は「特撮」のNARASAKI作曲で
どの曲も”特撮でやれば良いのに”と思わせる良曲ばかり。
ワガママを言えば、シングル盤に収録されている
「サテライト」「ボーダーライン」「ステイ」も収録して欲しかったな。

The Beatles「SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND 」

過去の作品ですが、セッション・レコーディングなど
新作並に楽しめる内容です。

Aimer「noir」

本来ベスト盤は入れないんですが、特別に。
Aimerさんは自分で曲を作らないので、
ようは、提供者次第で聴視者(つか、おいら)の中で優劣の差が激しくなります。
少し人気が出てきて、Aimerさんの声の魅力にハマり、
自分の作曲能力を棚に上げて「歌って欲しい」と考える厚顔無恥の馬鹿どもが増えて
つまらない曲も増えてきましたが、この「noir」は
馬鹿どもが寄りつく前の良作が揃っています。
そういう意味で同時発売の「blanc」は、まったく聴く気にはなりませんが、
セールス的には「blanc」の方が上でしょうね、この国では。┐(´д`)┌

Francis Dunnery「Return to the Wild Country」

IT BITESを脱退後、1991年に発表された、自身初のソロアルバム
「Welcome to the wild Country」をリメイク
当時、あまり好きじゃなかったアルバムなのですが、久々に聴いた本作は
なぜか格好良かった。(キーも下がってるのになぁ.....謎だ)


去年はプログレのベテラン勢が頑張ってましたが
今年はハードロックのベテラン勢が素晴らしい作品を発表してくれた印象。
ウチらも頑張ろう。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

2016年の Favorite アルバム10枚 [今年のアルバムTOP10]

はい。年末恒例のエントリー
"今年の10枚"です。
※順不同

「AMARANTHUS」ももいろクローバーZ

ももクロの3rdアルバム。
人間の生まれてから死ぬまでをコンセプトに作られています。
エディの素晴らしいピアノが聞ける「WE ARE BORN」
さだまさし作の「仏桑花」やくしまるえつこ作の「HAPPY Re:BIRTHDAY」
特に「バイバイでさようなら」は大好きな曲です。
メイキング映像も面白いです。

「白金の夜明け」ももいろクローバーZ

上記の「AMARANTHUS」と同時発売された4thアルバム
AMARANTHUSが現世の人間の一生を描いているとすれば、
こちらは、天に召された後、もしくはファンタジックな世界をコンセプトにしています。
この中の「マホロバケーション」は、今年もっとも聞いた1曲かもしれない。
詩の世界観、曲、アレンジ、PVすべてがツボでした。

AMARANTHUSは全体の雰囲気が良くて、白金は各曲が良いといった印象です。

「Invention of Knowledge」Anderson & Stolt

YESのジョン・アンダーソンとTransatlanticのロイネ・ ストルトによるプロジェクト
YESらしさの大半はアンダーソンなんだなと改めて思う反面
ハウやスクワイヤ臭さの無いサウンドがYESとの違いを感じさせます。

「the astonishing」Dream Theater

2枚組の大作は、オペラとかミュージカルを感じさせる構成で
今までのような10分を超えるような曲は無く、
6分以下の曲の集合体で"1曲"になっている印象です。
ボーカルのラブリエさんが良い仕事をしています。
が、1曲1曲の良い悪いの差がありすぎて全部を聞くのはしんどいのが正直なところ。
ふとした時に単体の曲を聴いて「良い曲やん」と思う事が多いです(笑)

「EJ」Eric Johnson

久々のアルバムは、アコースティックギターとピアノ中心の
弾き語りに近いサウンドになっています。
だからといって、その辺のコードをかき鳴らすしか能の無い
弾き語り連中には到底真似できないアレンジの塊です。
何度も言ってますが、これ位やってもらわないと
"弾き語り"なんて聞いてられません。

「Vampires」Francis Dunnery

IT BITESの曲のセルフカバーアルバム。
フランシスが、こういうサウンドに帰ってきてくれたのは嬉しかったですね。
選曲も良いと思います(「SISTER SARAH」が無いのは淋しいですが)
問題は次の作品のサウンドですね。

「AFFINITY」HAKEN

そこそこ長く活動しているバンドのようですが、
今作が初めての出会いとなりました。
いわゆる、ドリシアフォロワーなのかもしれませんが
どちらかというとキングクリムゾンとかの流れも感じるアレンジで、好感が持てます。
3曲目の「1985」のイントロはしびれます。

「SIMILITUDE OF A DREAM」Neal Morse Band

こちらもDream Theaterの新作同様、
2枚組で短い曲が繋がっている感じの作りですが
各曲よく出来ています。特に「The Ways Of a Fool」は一聞き惚れしました。
それにしても、このクオリティの作品を、
ほぼ毎年出しているニール・モーズは凄いなぁ

「Trustworks」The Syn

過去に、YESのメンバーが在籍していたりしたバンドですが
現在はSteve Nardelliのソロユニットといった感じでしょうか?
そのSteve Nardelliが今作でアレンジと演奏に白羽の矢を立てたのが
"Moon Safari"です。つか、もうこのアルバムはMoon Safariのアルバムです(笑)
ファンなら間違いなく買って損しません。

「ウィンカー」特撮

すっかり筋肉少女帯より特撮派になってしまいました(笑)
この作品は、今年の初め頃にヘビロテしていましたね。
元オフコースの松尾一彦をギターでは無く"ハーモニカ"演奏として
迎えるところもツボでした。
東京でばかりライブしないで大阪にも来てくれぇ〜!!!!!



はい。そんな感じで今年の10枚でした。

良曲がたっぷり入った、ももクロの
「MCZ WINTER SONG COLLECTION」
も入れたかったけど、ベスト盤なので割愛。
あと、AimerやCircus Maximusなんかも良かったです。

なんしか、今年はプログレ勢の良作が多くて、
個人的に嬉しい年でございました。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2015年の Favorite アルバム10枚 [今年のアルバムTOP10]

はい。年末恒例のエントリー"今年の10枚"です。
例のごとく、過去の作品でも今年はじめて聴いた物は含みます。
(年々、気に入る新作は減っていってるしね)

※順不同です。

・CAPSULE 「Wave Runner」

これに限らず中田ヤスタカ全般ですかね"浜田ばみゅばみゅ"とか。
きゃりーの「もんだいガール」も良かったな。
ライブも楽しかったです。



・ももいろクローバーZ「5TH DIMENSION 」

今年発売ではないけれど、これに収録の「月と銀紙飛行船」は大のお気に入りです。
シスサラでもカバーしましたねw
ちなみにアレンジは、遊佐未森の後ろでギター弾いたり、栗コーダに在籍していた近藤さん。
他にも、KISS、ROLLY、特撮のNARASAKI、人間椅子の和田さん、小坂明子などなど
彼女たちの作品には好きなミュージシャンが多数参加しています。
ほんま、今年はももクロばかり聴いてた気がする。
未収録曲ですが「黒い週末」「GOUNN」「空のカーテン」
「泣いちゃいそう冬」「ニッポン笑顔百景」「ピンキージョーンズ」などが好き。



・Aimer「Dawn」

去年に続き、好きな声と曲です。



・内田真礼「PENKI」

悪くいえば、最近よくある
"ちゃんと音楽やってます"アピールの声優さんのアルバムです。
てか、おいらの中でこの人は声優というより
「アキバレンジャー」の博士の印象が強いんですけどね。
それはおいといて、ラブリエのソロっぽいサウンドの曲とかあって、
意外と嫌いじゃ無いです。歌い方も水樹奈々みたいに嫌味じゃないし。
残念ながら、ジャパメタの系譜はアニソンの世界にしか無いようです。



・THE CORRS「White Light」

長い間活動休止していたアイルランドの兄弟バンド"The CORRS"の新作。
期待を裏切らない出来です。アンドレアは少しハスキーになったかな?
彼らの魅力の一つに、ケルト伝統曲のロックアレンジがありますが、
今作も「Gerry's Reel」という曲が収録されていて、格好良いっす。



STYX「Grand Illusion」

彼らの印象は「ミスターロボット」とトミー・ショー位しか無かったんだけど(笑)
この1977年の頃のアルバムは、Yesが演っても可笑しくないくらいのポップなプログレ。
大好物です。



NEAL MORSE「Grand Experiment 」

相変わらず素晴らしいです。



・RUSH「R40 Live」

残念ながら、長期のツアーはもうやらないと宣言しちゃいましたね。
ついに彼らのGIGを生で観る事は無かったな.........
過去に遡っていくセットリストと共に、どんどんシンプルになっていくステージセット。
こんなバンドが来日できない国の音楽に未来なんて無いよ。



・between the buried and me「Coma Ecliptic」

京都のローカルHM番組で見つけた、久々に新規で気に入ったバンド。
最初どっちがバンド名か解らず、検索に難儀した(笑)
Dream Theater以降こういうバンドは増えましたけど、彼らは面白いです。



・SISTER SARAH「00 _NEURO HARD-」

そりゃ入れるでしょ。入れなくてどうする。



Moon SafariのBESTとかWinery Dogsの2ndも良かったですね。
坂本真綾と筋肉少女帯の新作はイマイチだったな......。

過去の10枚
2014年
2013年
2012年
2011年
ま、興味の湧いた方は聞いてみてくださいな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

My Favorite Music Best 10 on 2014 [今年のアルバムTOP10]

毎年恒例になりつつある。おいらの2014年のお気に入りMUSIC
例によって、旧作でも今年初めて聴いた物は含みます。
BEST10と言ってますが、順位とかはありません。

1.Moon Safari
Live in Mexico「Live in Mexico」

今年も相変わらず、この人達でした。
10月にはライブも見に行ったしね。
オリジナルアルバム楽しみです。

 

 



2.Neal Morse

Momentum「Momentum」

TransatlanticやFlying Colorsでの活躍は知ってましたが、
ソロアルバムは聴いた事無かったので聴いてみたら
ドハマりしました。
特に「Momentum」という曲は
2014年のBEST1ソングかも。
このアルバム以外にも「One」や
「Live Momentum」もオススメです。




3.Aimer
UnChild 【通常盤】「UnChild」
「ガンダムUC」のep6&7のエンディングを聴いて気に入りました。
声質的には絢香などの今どきの声?と言えばええんかな?
なんしか曲が好みです。色々バリエーションあるし
最新曲の「holLow wORlD」とか、
その辺のゴシックメタル系を謳ってるバンドより格好良い!
あと、このアルバムのように英語歌詞バージョンも作る辺りは
GODIEGOみたいで好印象w



4.Unisonic
Unisonic「Unisonic」
KBS京都の「HR/HM」というローカル番組で発掘。
元Halloweenのメンバーが在籍してるバンドですけど、
意外と80年代のLAメタルぽっくて好き。
タイトルトラックの「Unisonic」と
2ndアルバム「Light of Dawn」の欧州ボートラ
「Judgement Day 」は特にお気に入り。





5.Eluvetie

Origins: Deluxe Edition「Origins: Deluxe Edition」
顔本にも書きましたが、このバンドの良い所は
ケルト楽器を使って、ちゃんとしたケルト音楽(音階)を
うまくブレンドしてる所。
他のフォークメタルバンドのほとんどは、
民族楽器を使ってるだけですから...。
個人的にデスボイス苦手なので、
女性ボーカルの曲を好んで聴いてますw。




6.筋肉少女帯

THE SHOW MUST GO ON【初回生産限定盤】「THE SHOW MUST GO ON【初回生産限定盤】」
なにやら、20年半ぶりにオリコンチャート TOP10に入ったようで、
おそるべしオマケ商法w
いや、内容も良いですよ。
特に初回限定盤に付属のDVDのライブ映像は
選曲が素晴らしい!!このDVDだけでも買う価値はあります。
「エディが参加してなかったらどうやったやろ?」
とかは考えちゃいかんのです。



7.矢野顕子
飛ばしていくよ「飛ばしていくよ」
何があった!?矢野顕子!!と、驚いたアルバム。
タイトルトラック文句なく格好良いです。

でも「Songs」で聴いた生演奏バージョンは
超えられないのよねぇ〜。
その辺りも含め流石です。





8.Michael Jackson
エスケイプ「Xscape」
とにかく「Love Never Felt So Good」ですかね。
何故ボツになったのか解らない。









9.きゃりーぱみゅぱみゅ
ピカピカふぁんたじん (通常盤)「ピカピカふぁんたじん」
きゃりーというより、相変わらず中田ヤスタカが好き。
「シリアスひとみ」なんかを聴くと、
やっぱこの人ハードロックの人じゃね?とか思ってしまう。








10.八神純子
The Night Flight 八神純子 with 後藤次利 featuring 松原正樹、佐藤準&村上ポンタ秀一「The Night Flight」
後藤次利、松原正樹、佐藤準、村上ポンタ秀一
素晴らしいシンガーソングライター&このメンバー
悪いはずが無いじゃない。







他にNight Ranger、Winger、Yesのアルバムも良かったです。

過去のBEST10
2013年
2012年
2011年

ま、興味の湧いた方は聞いてみてくださいな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

個人的 2013年BESTアルバム [今年のアルバムTOP10]

Moon Safari「Himlabacken Vol.1」

去年に続き、今年もMoon Safariにぞっこんでございました。
Vol.1ってことは.....?

三柴 理「Pianism of King-Show」

文句なしに格好良い
 
Winery Dogs「Winery Dogs」

Dream Theaterを抜けてから
色々なプロジェクトバンドがあった
マイキーだけど、今のところコレが一番好き!!

James LaBrie「Impermanent Resonance」

Dream Theaterで聞きたいと思ってた物が
まさかJamesのソロで聴けるとはw

Dream Theater「Dream Theater」

さんざん言ってるけど、前作よりは良いです。

Harem Scarem「Mood Swings II」

聴くまでは、"こんな企画意味あるのか?"
と思ってたけど、アリでした。
良い物は良い。

菅野よう子「ゴチソウノォト」

好きなジャンル過ぎる。
ウィーン・オペラ舞踏会管弦楽団の演奏も素晴らしい。
サントラでは無いけど「焼氷有りマスの唄」最高。
 
Perfume「LEVEL 3」

「未来のミュージアム」が無ければ
アルバムとして、更に良かった....。

さだまさし「天晴」と筋肉少女帯「公式セルフカバーベスト 4半世紀」は
ベストなので一応外しました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - 今年のアルバムTOP10 ブログトップ